MENU

痛いひげそりの肌荒れを防ぐ方法とコツ

髭剃りを欠かせない男性にとって痛いひげそりの肌荒れの悩みは切っても切り離せません。ひげそりによってカミソリ負けを繰り返していると、そのうち肌が汚くなってしまう事も。

 

身だしなみにうるさい日本では男性の髭についても厳しくチェックされる職場もあり、ひげそりが必須となる人もいます。ですが痛いひげそりの肌荒れは出来るだけ避けたいものです。

 

こちらのページでは、痛いひげそりの肌荒れを防ぐ方法とコツを中心に紹介していきたいと思います。

 

<痛いひげそりの肌荒れを起こさないための髭剃り方法>

 

痛いひげそりの肌荒れを起こさないためには、髭剃りのタイミングや肌荒れを起こしにくい髭剃り方法、ひげそりの際の注意事項などを把握しておく事が重要です。痛いひげそりの肌荒れに困った経験のある方は参考にしてみてください。

 

<ひげそりに最適なタイミング>

 

普段何の気なしに行っているひげそりにも、実は最適なタイミングが存在しています。朝起きてから15〜20分程度経過した頃に行うのが良いと言われています。ひげそりをきれいに行うのに一番適したタイミングは午前10時からお昼くらいですが、痛いひげそりの肌荒れを予防する場合は起床後15分くらい経ってからひげそりをするのがベストです。

 

起床したばかりの人の肌はまだ血流が悪く、ある程度血行が良くなって肌のハリが通常の状態に戻ってからひげそりをした方が肌を傷付けにくいとの事です。

 

時々ひげそりを夜に行う人や、お風呂に入った際に行う人がいますが、痛い髭剃りの肌荒れを起こしやすくなってしまうので出来れば起床後15〜20分にひげそりをするのが良いでしょう。

 

<肌荒れを防ぐひげそりのコツ>

 

肌荒れを防ぐひげそりのコツの一つに電気シェーバーでのウェットシェービングが挙げられます。電気シェーバーは肌が乾いた状態でひげそりをしている人の方が圧倒的に多いですが、肌が濡れた状態でシェービング出来るウェットシェービング対応のシェーバーが存在しています。

 

肌が乾いた状態でそのままひげそりするとダメージを受けやすくなってしまいますが、ウェットシェービングなら肌を傷付けるリスクを多少減らす事ができます。

 

それでは、電気シェーバーでのウェットシェービングがおすすめな理由についてもう少しくわしく解説していきたいと思います。

 

<ウェットシェービングがおすすめの理由>

 

■肌への負担が少なくなる

 

カミソリとは違い、電気シェーバーは刃が肌に直接触れないので肌へのダメージが軽減されます。

 

■ウェットシェービングはヒゲが濡れた状態で剃るのでヒゲがやわらかくなり、剃る際の抵抗力や必要な力が減少するので肌が引っ張られるなどの不必要な負担が減らされます。

 

■シェービング剤を使う事ができる

 

ウェットシェービングではひげそり専用のシェービング剤を使う事ができるため、肌への摩擦・乾燥・ダメージなどをより防ぐ事ができるようになります。

 

<ひげそりの方法を抑えて痛いひげそりの肌荒れを軽減しよう!>

 

その1.毛の流れを見極める

 

痛いひげそりの肌荒れを軽減するためには、ひげを剃る際の毛の流れの見極めが重要です。

 

その2.洗顔で汚れや皮脂を落としておく

 

毛穴の汚れや皮脂を落としておくとひげそりの仕上がりがきれいになりやすいです。

 

その3.ヒゲをやわらかくする

 

ヒゲをやわらかくするためにはぬるま湯で顔を濡らすか、水に塗らしたタオルをレンジで温めて顔に乗せて温めます。

 

その4.シェービング剤をつける

 

シェービング剤はジェルタイプやムースタイプなど色々ありますので、自分の使いやすいものや肌に合うものを選びましょう。

 

その5.力を入れずにゆっくり剃っていく

 

毛の流れを確認したら、電気シェーバーで毛の流れとは逆の方向に逆剃りしていきましょう。シェーバーは肌に対して垂直にあてて力を必要以上に入れずにゆっくり滑らせていきます。

 

番外編:カミソリでのひげそり方法のコツ

 

電気シェーバーではなくカミソリでひげそりする場合は、電気シェーバーよりも痛いひげそりの肌荒れを起こしがちです。ですが正しい方法で剃る事によって肌へのダメージを軽減できる事もあります。

 

カミソリは電気シェーバーとは違い、毛の流れに沿ってひげそりをしていきます。逆剃りは肌荒れやカミソリ負けの原因になるので極力やめるようにしましょう。

 

もみあげや頬など、上から下に剃っていくのが良いでしょう。アゴや口周りのヒゲは密度が高く毛も太い事が多いので、ヒゲが水分を含んで柔らかくするために最後の方に剃るのが理想的です。

 

その6.しっかりと水で洗い流す

 

シェービング剤の洗い残しが無いようにしっかりと水で洗い流します。

 

その7.[重要]保湿をしっかり行う

 

ひげそりをした際に痛いひげそりの肌荒れを起こさないようにするためには、髭剃り後に化粧水や乳液で保湿をしっかり行うのがコツです。髭剃り後の肌はダメージを受けている事もよくありますので、刺激が少ないアルコールフリーや無駄な添加物などが入っていない化粧水を選びましょう。

 

お肌が弱い敏感肌の人でも使えるような化粧水と乳液がおすすめです。どちらか一方ではなく、両方つかってきちんと保湿ケアを行うと髭剃り後の肌も良い状態に保ちやすくなります。

 

洗顔・ひげそりなどで乾燥してしまいがちな肌をケアするために必須なのが保湿ケアなのです。ひげそりした後に傷だらけ、カミソリ負け、乾燥して荒れた肌では見栄えが台無しです。男性と言えども肌がきれいだとやはり女性は魅力を感じるようですのでひげそり後のケアはしっかりと行いましょう。

 

<ウェットシェービングができる電気シェーバーってどんなもの?>

 

ウェットシェービングができる電気シェーバーはシェービング剤と一緒に使えて大変便利な代物です。しかしウェットシェービングができる電気シェーバーにはどんなものがあるのでしょうか?

 

こちらではウェットシェービングができる電気シェーバーを紹介してみたいと思います。

 

■フィリップス【Shaver series 7000ウェット&ドライ電気シェーバー S7521/12】

 

痛いひげそりの肌荒れをおこしがちな人や、普通の電気シェーバーで乾いた状態でひげそりをすると肌が荒れてしまいがちな人向けの電気シェーバーです。ウェットシェービングとドライシェービングのどちらでも剃れるため、今日は時間が無くてドライシェービングしかできない!という時にも安心です。

 

肌に密着する特殊形状が力を入れなくても楽々ひげそりするのに貢献しています。また、肌への摩擦を少なくする工夫もされているのでひげそり後の肌荒れを起こすリスクを軽減できます。スタイリッシュで未来的なデザインも人気です。

 

■パナソニック【お風呂剃り ラムダッシュES-ST8N】

 

こちらもウェットシェービングもドライシェービングも両方行えるシェーバーです。

 

摩擦による肌へのダメージを軽減するスムースローラーや、カッコいい重厚さを感じさせる見た目とは違って軽く持ちやすい本体、ヘッド部分のスイング設計などで剃りやすさと機能性を実現しています。

 

洗顔料を泡立てる機能のほか、髭の濃さを感知するセンサーによってパワーをオートコントロールできるなど、ひげそりにおいて魅力的な機能が搭載されています。

 

<ウェットシェービングにおすすめのシェービング剤>

 

■ポーラ エスパシオ 薬用シェービングフォーム(医薬部外品)

 

きめ細かい泡がヒゲと肌によく馴染み、滑らかにひげそりをするお手伝いをしてくれます。薬用シェービングフォームという点でもポイントが高いところです。

 

<ひげそり後の肌をケアする乳液>

 

髭剃り後の肌をケアする乳液はたくさん商品化されていますので、自分の肌が乾燥せずに保湿できるものを探してみる事をおすすめします。下記は髭剃り後の保湿に良い乳液の一例です。

 

■資生堂 ウーノ 薬用アフターシェーブミルク(医薬部外品)

 

1000円以下で買える薬用の乳液です。べたつきが少なく使用感が良いのがおすすめポイント。カミソリ負けを防ぐ薬用のシェーブミルクです。

 

<痛いひげそりの肌荒れを起こさないための注意点>

 

痛いひげそりの肌荒れを起こさないようにするにはいくつかの注意点があります。いずれも髭剃り後の肌をきれいに保つために欠かせない事ですから可能な限り実践する事をおすすめします。

 

@保湿はしっかり行う事

 

上記でも書きましたが、痛いひげそりの肌荒れだけでなく、肌をきれいに保つために保湿ケアを怠らないようにしましょう。乾燥した肌はゆくゆくはシワなどの原因になってしまいますし、乾燥しているとカミソリ負けやひげそりのダメージも顕著に出てきます。

 

髭剃り後のケアを怠って乾燥した肌になってしまうと髭剃り直後は何ともなかったのに後からピリピリ痛んでくる事もあります。ひげそりのダメージを補修し、日頃から肌をきちんと保湿してスキンケアを行うと肌を健やかに保つ事ができます。

 

保湿用化粧水や乳液は人それぞれの肌質によってベストなものとそうではないものがありますから、色々試してみる事をおすすめします。

 

Aシェーバーの切れ味は大事!メンテナンスを欠かさない

 

電気シェーバーもカミソリも切れ味が命です。切れ味が悪い使い古したカミソリを使うと衛生面でも良くありませんし、何度も同じところを剃らないといけないのでその分肌へのダメージが大きくなってしまう事もあります。

 

お風呂に置きっぱなしで保存している場合は、きれいに洗った後に風通しが良い乾いた場所に保存する方法に切り替えましょう。

 

割とカミソリの刃というのは消耗が激しく、すぐに切れ味が悪くなってしまうものです。電気シェーバーにしてもカミソリにしても、定期的に刃を交換したりメンテナンスをするようにしましょう。

 

<ひげそりで肌荒れを起こしてしまう原因について>

 

ひげそりで肌荒れを起こしてしまう原因をいくつか挙げてみますので、ひげそりの際の参考にしてみてください。

 

<カミソリでのひげそりは肌荒れのリスクが高い>

 

カミソリは電気シェーバーなどと違い、刃が直接肌に触れた状態でひげそりする事になります。これによって例え見た目的には傷になっていなくても、肌の表面では薄く皮膚などを削ぎ取ってしまっていたり、ごく細かい傷を付けてしまっている事があります。

 

これが痛いかみそりの肌荒れを起こす原因になっているケースがあるのです。肌の表面の角質層を傷付けてしまえば肌のバリア機能が低下して赤みやブツブツが出てしまう事もありますし、水分を保持する力が少なくなって肌も乾燥してしまいます。

 

また、余計な皮脂が分泌されてしまうので毛穴が詰まりやすくなってニキビのようなものが出る事もあります。

 

ただでさえひげそりの方法としては肌へのリスクが高いカミソリですが、更に肌荒れの原因につながる事柄がいくつか存在しています。

 

■切れ味の悪いカミソリの使用

 

これも先ほど少々触れましたが、切れ味が悪いとヒゲを一度に剃る事ができず、何度も同じところにカミソリを走らせる事になります。この行いとカミソリ特有の刃が肌に触れる事によってカミソリ負けを引き起こします。

 

■シェービングフォームやジェルを使わない

 

ひげそり専用のシェービング剤は肌をひげそりのダメージから守りつつ、円滑に剃るために必要です。また、シェービングフォームやジェルは使用方法を確認して正しく使うようにしましょう。面倒だからと適当に塗るだけでは最大限の効果を発揮できない事もあります。

 

■1枚刃といった安物の簡易カミソリ

 

ひげそりにカミソリを使うのであれば、1枚刃より2枚刃、2枚刃より3枚刃のカミソリがおすすめです。1枚刃は2枚刃に比べて力が分散されないので、肌との摩擦が大きくなってしまいます。

 

また、軽いプラスチック製の安物のカミソリは手に力を入れてしまいがちなので、その分肌への負担もかかります。そこそこ重厚な造りのカミソリの方が力を入れずにカミソリを滑らせる事が出来ます。

 

■カミソリの保管方法が衛生的でない

 

カミソリをお風呂場に放置する人は割と多いのですが、これをやってしまうと切れ味がすく悪くなってしまう上に衛生的ではありません。一度でも使ったカミソリは雑菌が繁殖しやすいため、運が悪いとカミソリ負けした肌に雑菌が入り込んで赤みなどの肌トラブルを引き起こす事があります。

 

また、顔を拭くタオルなども清潔なものを使い、微細な傷口から雑菌が侵入しないようにしておくのがおすすめです。

 

<電気シェーバーのひげそりで肌荒れが起きる原因とは?>

 

電気シェーバーはカミソリに比べると肌に直接刃が触れない分肌へのダメージは軽減できます。ですがドライシェービングで髭剃りをした際に、ヒゲを柔らかくせずにそのまま剃ってしまうと肌荒れを起こしてしまう事があります。

 

ドライシェービングではヒゲが固いままだと剃り切れなかった毛がシェーバーにひっかり、肌を引っ張ってしまう事があるからです。

 

これによってダメージを受けるのは主に毛穴になります。毛穴も無理矢理毛が引っ張られてダメージを受けてしまうとバリア機能が失われ、雑菌の侵入を許してしまう事が考えられます。赤いブツブツや吹き出物になってしまう事があるので注意しなければなりません。

 

電気シェーバーは肌の摩擦を考慮して設計されているものも多いですが、こちらも多少なりとも肌への摩擦が生じますのでお肌が弱い人は肌荒れを起こしてしまいかねません。更にひげそりのNG行為を行っていると、痛いひげそりの肌荒れのリスクは更に高まってしまうでしょう。

 

■刃の交換などのメンテナンスをしていない

 

電気シェーバーも刃の交換といったメンテナンスは必須です。電気シェーバーはついつい刃の交換を怠ってしまいがちですが、切れ味が悪くなるとしっかりヒゲが剃れなくなってきます。肌を何度も刺激する事になるので肌荒れを引き起こす原因になります。

 

電気シェーバーには刃の交換時期について説明書きがあると思いますので、シェーバーを購入したらしっかり交換時期をチェックして守るようにしましょう。また、もしも交換時期がよくわからないようであれば、使っている電気シェーバーの情報をネットで調べるという手も使えます。

 

■プレシェーブローションを使わない

 

思い立った時に手軽にひげそり出来るのがドライシェービングの良い所ですが、電気シェーバーで効率よくひげそりするならプレシェーブローションを使い、寝ているヒゲを絶たせて剃りやすくするのがおすすめです。

 

ヒゲが寝たままの状態でいきなりドライシェービングをするよりも、ひげそり前に髭を根元から断たせておいた方が肌荒れを予防できます。

 

■衛生面が悪い

 

カミソリ同様、電気シェーバーでひげそりする際も衛生面に気を使いましょう。シェーバーをきちんと洗ったりして手入れを怠らないようにするのがベストです。雑菌が繁殖しないように衛生的に管理しましょう。

 

<痛いひげそりの肌荒れ…対処方法は?>

 

痛いひげそりの肌荒れの対処方法や、起こさないためのコツについて解説していきたいと思います。

 

ひげそりの後のカミソリ負けや肌荒れには、とりあえず自力で行える対処方法もありますが、もしも状態が悪化してしまったり思ったより症状がひどい場合には皮膚科に行く事も大切です。

 

■ひげそりの肌荒れの応急処置

 

カミソリ負けした肌は非常にデリケートです。もしも痛い肌荒れを引き起こしてしまったら、肌を清潔に保つように心がけましょう。また、赤みが出たら清潔なタオルを水で濡らして肌を冷やします。

 

ひげそりの肌荒れは時に痛痒い事もありますが、かゆいからといって引っ掻いてはいけません。これをすると更に傷が広がり、赤い点々になる事もあります。また、保湿の際に刺激が強いものを塗るとしみる事がありますので、お肌にやさしい化粧水と乳液で保湿します。

 

■ひげそりの肌荒れがなかなか治らないor悪化した場合

 

ひげそりの肌荒れがかなり目立ち、なかなか治らなかったりだんだんと悪化していくような気がする場合は、皮膚科で診てもらうと安心です。ひげそりの肌荒れで出来た赤いブツブツを治そうとニキビの薬を使ってみようとする人もいますが、ニキビの薬ではカミソリの肌荒れで出来た赤いブツブツを治す事はできません。

 

症状が悪化してきたら皮膚科に行くのが望ましいですが、医者に行く時間が無い場合は薬局の薬剤師さんに相談すれば適切な薬を案内してくれる事もあります。

 

<ひげそりの肌荒れが出ている際の注意点>

 

ひげそりの肌荒れを起こしている間の注意点ですが、出来れば肌荒れが治るまでひげそりをしないようにしましょう。ヒゲや身だしなみにうるさい企業などの場合はなかなか難しいですが、そのような所に勤めている人は割と派手に肌荒れが出たら早期のうちに皮膚科で薬をもらうのがおすすめです。

 

肌荒れを起こしている時にひげそりを続けていると、肌が回復する暇が無いので悪化したり肌トラブルを起こして肌が汚くなってしまいます。また、傷が治った後も色素沈着して跡が残るケースもあります。

 

かみそりの肌荒れを起こしてしまったら、髭剃りを一時ストップする事の他にも、できるだけ肌への刺激や負担になる事をやめる方が良いでしょう。

 

どうしても髭剃りをしなければならない場合でも、肌とシェーバーの清潔、シェーバーの切れ味、肌に優しい化粧水などでの保湿、かゆみが出ても肌を掻きむしらないといった事に気を付けながら行いましょう。

 

<痛いひげそりの肌荒れは正しい剃り方と対策方法を知るのがコツ>

 

上の方で痛いひげそりの肌荒れを防ぐ方法とコツについて解説してきましたが、ヒゲが生えてくる年齢以降は頻繁に髭剃りをする日々が続いていきます。

 

痛いひげそりの肌荒れを引き起こさないためには、正しいヒゲの剃り方と、肌荒れを引き起こしてしまった際の対策方法を知っておくのがコツです。

 

最近ではメンズエステや男性専用の髭脱毛クリニックなどが流行し、男性でも脱毛が当たり前の時代になってきています。しかし青髭などで見てくれが悪い・肌荒れで肌が汚いといった悩みを抱えるまでに至っていない場合には、まずはひげそりの方法を正してみる事をおすすめします。

 

肌へのダメージを極力減らし、ヒゲも肌荒れもない素肌で過ごせたらそれが一番良い事ですよね。