MENU

<肌 に 優しい ひげそり>

日頃から肌にやさしいひげそりを心がけている人は、そうでない人に比べると年齢を重ねてからも肌がきれいな状態を保てている事が多いです。

 

ひげそりという文化は現代の日本社会を生きる上で一部の職業などをのぞいて必要不可欠です。スーツを着て仕事をする職種の人などは特に身だしなみの一つとして厳しくヒゲをチェックされたりします。

 

しかし毎日のひげそりで肌にダメージを蓄積させてしまっている人も多いですし、カミソリ負けなどで肌荒れしてひげそりに悩みを抱えている人もたくさんいます。

 

今回は肌に優しいひげそり方法のコツや、ひげそりが肌や毛穴にダメージを与えてしまう事のメリットやデメリットなどについて見ていきましょう。

 

<シェーバーを使ったひげそりのメリットとデメリット>

 

日本ではひげそりをする際にT字カミソリや電気シェーバーを使うのが主流です。ひげそりの手段として多く使われているシェーバーによるひげそりのメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

 

<T字カミソリでひげそりするとこんなメリットとデメリットが!>

 

T字カミソリは真っ直ぐな形状のカミソリに比べるとカミソリ負けしにくい工夫が凝らされているため、ひげそりをする人の多くが使っています。部分によってカミソリの形を使い分けている人もいますが、T字カミソリはリーズナブルな価格でどこにでも売っているので使い勝手が良いです。

 

T字カミソリには1枚刃〜5枚刃くらいまであり、刃の枚数が多いと肌への刺激やダメージが減らせると言われていて、カミソリ負けしやすい人や肌が弱い人に指示されています。

 

■メリット

 

・割と深ぞりできるのでひげの伸びが早い人やひげが濃い人でもきれいに仕上げられる

 

・小回りがきくので剃りたい部分をきちんと剃れる

 

・電気シェーバーに比べて安く、使っているシェーバーの型が古くなった頃に取り換えパーツやメンテナンス用品が見つからないといった事が無い。

 

・どこにでも売っている

 

■デメリット

 

・刃を直接肌に当てるので肌がダメージを受けがち

 

・カミソリ負けすると肌が汚くなり、しかも痛い

 

・肌に優しいひげそりをするにはシェービング剤の使用や、ひげを柔らかくするための蒸しタオルでの暖めなどが必要なので結構面倒

 

・週1回程度で刃が劣化するので刃の交換を頻繁に行う必要がある

 

<カミソリよりは肌に優しい電気シェーバーにもメリット・デメリットが>

 

電気シェーバーはカミソリよりも肌に優しいひげそりが出来るため、カミソリ負けしたくない人や手軽にひげそりしたい人から支持されているアイテムです。

 

本体の外刃を肌に押し当てる事で肌の表面からヒゲを押し出し、それを内刃で剃っていくのが電気シェーバーの仕組みです。電気シェーバーにも様々な機能性を持つ製品がありますが、使用の上でのメリットやデメリットはほぼ一緒です。

 

■メリット

 

・カミソリに比べて肌へのダメージが少ないので、カミソリでは肌荒れを起こしてしまう肌の弱い人でも大丈夫なケースもある

 

・気が向いた時に手軽にひげそりできる

 

・刃の交換は1〜2年に一度でOK

 

■デメリット

 

・古い型になってくるとメンテナンスに必要なものが手に入りづらくなる

 

・100%肌へのダメージを軽減できるわけではないため、ひげそり後のケアは必要

 

・カミソリに比べてコストがかかる

 

・シェーバー自体のメンテナンスが必要

 

<カミソリと電気シェーバーのひげそりで共通!肌のダメージ>

 

カミソリと電気シェーバーでは肌や毛穴に与えてしまうダメージに多少の差はあるものの、ダメージを与える事に関して言えば両方とも防ぎきれないという点で共通しています。

 

ひげそりを続ける以上は肌や毛穴へのダメージは避けられず、ダメージを与える頻度が高ければ肌が汚くなってしまうなどのリスクが上昇してしまうでしょう。できるだけ肌に優しいひげそり方法を見つけて実践していく事が大事です。

 

<ひげそりが原因の肌トラブルの種類>

 

日本では仕事などの場でヒゲを生やしているとだらしないと捉えられてしまう節があり、あまりイメージが良くありません。職業によってはヒゲを伸ばす事が禁止されている事まであります。

 

そのためひげそりの頻度が高い人が多いですが、肌に優しいひげそりを考えないとその分ひげそりが原因で肌トラブルを引き起こしがちになってしまいます。ひげそりが原因の肌トラブルの種類には色素沈着や肌荒れ、乾燥肌など色々なものがあります。

 

こちらではひげそりの肌トラブルの発生原因と対処法について見ていきましょう。

 

<ひげそりが原因の肌荒れと乾燥肌>

 

ひげそりが原因の肌荒れや乾燥肌は、カミソリや電気シェーバーなどで肌の表面の角質層まで削ってしまう事がきっかけで起こる場合が大半です。これによって肌のバリア機能が低下してしまうと、肌は水分が抜けて乾燥しやすくなってしまいますし、毛穴が傷ついたり保護機能が低下すれば雑菌が入りこんだりして炎症や赤いブツブツや吹き出物など、様々な嫌な肌トラブルが起こることがあります。

 

ひげそりが原因の肌荒れや乾燥肌の対処方法は、ひげそり後にしっかりと洗顔し、化粧水と乳液で保湿ケアを万全に行う事です。肌に優しいひげそりを心がけていても、ダメージを完璧に防ぐ事はできませんのでアフターケアが大事なのです。

 

<ひげそりが原因の色素沈着って?>

 

通常怪我などをして肌が傷つけば、体はその傷を補修していつの間にか回復し、何事も無かったかのようになります。こういった体の保護機能が働く過程で生成されるのがメラニンです。

 

しかし体質や老化、肌のダメージの具合によってはメラニンが蓄積してしまい、色素沈着が起きてそのままの状態になり、長期間消えなくなってしまう事もあります。肌に優しいひげそりを心がけずに肌にダメージを与え続けると、色素沈着で肌が汚くなってしまう事があるのです。

 

色素沈着を起こす原因となっているのが肌への摩擦と肌の傷です。ひげそりでは摩擦のダメージを肌に与えてしまう事になりますし、肌に傷が付けば上記で書いたようにメラニンが生成されてしまいます。

 

これを大した事ないやと放置していると、いずれメラニン色素が肌の奥に蓄積され、色素沈着を解消するのがむずかしくなっていきます。これがひどくなると摩擦黒皮症と呼ばれる症状になります。

 

肌の色素沈着は百害あって一利なし、魅力半減とまではいきませんが無い方が良いものですので、あらかじめ予防するのがおすすめです。色素沈着は作るのは簡単ですが解消が難しいので、いつも肌にやさしいひげそり方法を行い、ひげそり後のケアにも気を配りましょう。

 

もしもひげそり後に肌荒れや傷がひどくなり、なかなか治らない場合には皮膚科に行って医者に診てもらい、適切な薬を処方してもらう事も大事です。

 

<肌に優しいひげそりのポイントとアフターケア>

 

肌に優しいひげそりの方法は剃る前から始まり、剃ったら終わりではありません。アフターケアまで全て行ってようやく完了です。肌に優しいひげそりの方法は、

 

・タオルを水で濡らしてレンジで温め、蒸しタオルを乗せてヒゲを柔らかくする
・カミソリの場合は刃が多い2枚刃以上のものを使うのが理想
・カミソリで剃る場合は石鹸ではなくひげそり専用のシェービングフォームを使う
・ひげそり後はよく洗顔した後に肌への刺激が少ない化粧水と乳液で保湿する
・肌のピリピリや痒みが出たら再び保湿
・カミソリの刃は切れ味の良いものを使い、週に1回ほど交換する
・電気シェーバーの場合はメーカーの推奨している頻度でメンテナンスと刃の入れ替えをする

 

<肌に優しいひげそりのやり方>

 

■ひげそりは準備が大切!剃る前の下準備

 

肌に優しいひげそりは剃る前の下準備が大切です。まずは自分のヒゲの毛の流れをよく把握しておきましょう。剃る際は電気シェーバーかカミソリかで適切な剃りの方向が変わりますが、どちらにせよ毛の流れを見ながら剃る事が肌を傷めないコツとなります。

 

毛の流れが把握できたら、ヒゲを柔らかくしてひげそりの負担を軽くし、よく剃れるようにするためにぬるま湯で洗顔したり顔を浸けたりするか、タオルを水で濡らしてラップなどにくるみ、電子レンジで短時間加熱して蒸しタオルを作り、それを顔にあてて柔らかくしましょう。

 

一見するとやってもやらなくてもいいじゃないかと思ってしまいますが、何も対策していないヒゲは同じ太さの銅線並みの強度があります。髭剃りの際に肌がひっぱられて毛穴を傷めてしまったり、同じところを剃る回数に違いが生じますので必ずヒゲを柔らかくしましょう。

 

ヒゲに湿り気と温かさがあるとシェービング剤の馴染みも良くなります。

 

■ヒゲにシェービング剤を塗りこんでから毛の流れを参考に剃る

 

カミソリの場合は毛の流れと同じ方向に剃る順剃りを行い、電気シェーバーの場合は毛の流れとは逆方向に剃る逆剃りをしていきます。この際のポイントはあごや口周辺の固くて太い毛を後回しにし、もみあげや頬から剃るのがコツです。これによって少しでも毛を柔らかくする時間を与える事ができます。

 

■よく洗顔してから化粧水と乳液で保湿する

 

ひげそり後は角質層が削られ、肌にダメージを受けたばかりの状態です。丁寧によく洗顔をした後、すぐに化粧水と乳液で保湿しましょう。刺激が少なくて自分の肌に合うものを探すのがおすすめです。

 

保湿は化粧水だけで済む肌質の人もいますが、できれば化粧水と乳液はセットで使用しましょう。化粧水だけでは保湿しきれない事が多いですし、しっかり保湿できれば肌もきれいに保てます。

 

■電気シェーバーやカミソリの手入れと保管に気を配る

 

ひげそりをした後は使った電気シェーバーやカミソリの手入れをしっかりと行い、清潔を保ちましょう。汚れはきちんと落とし、湿気の無い場所で保管するとベストです。

 

<肌に優しいひげそりに限界を感じたら…?>

 

肌に優しいひげそりを実践していても、カミソリなどの肌にダメージを与えてしまう手段を使っている以上、どうしても限界があります。

 

ひげそりの頻度によっては全く肌に優しくなくなってしまいますよね。

 

ヒゲが濃い人や青髭状態の人、肌が弱くていつもカミソリ負けしたり色素沈着してしまっている人の場合は、最近男性芸能人たちが通っている事で人気が出てきた髭脱毛をするのも一つの手です。

 

ひげそりの手間が省け、肌へのダメージが蓄積されるのを防ぐほか、完璧にヒゲが無くなるのが嫌だという人でもひげそりの頻度を減らす事が出来るので肌が回復する時間が増えます。